ネタがありません。

と、言うか多忙な日々でございます。

からだは、あいも変わらずなポンコツです。
お陰で自転車に跨がれておりません、
困ったものです。

秘密基地に鎮座して床の間化しつつある、
その割には汚い(笑)自転車のサドルが、
何故か白くなっていました(涙)。
最早笑うしかありません。

どこから手をつけましょうかね〜。







C4DCDB4B-07AF-4726-BF13-58E8EC8C1006


久方ぶりの、町で見かけた自動車。
これも随分度前の画像です。

では、又。

久方ぶりの銀塩カメラで撮影



D870434C-2260-49DE-933B-93158ED28C20



久しぶりのカメラは気持ちいいですね〜





では、又。

さて、修理もなんとか終わったので、
旧道を走ります。

064020B2-CB6E-479E-8191-626062DD8989


日宿の街並みは、当時の屋号やお店の看板を今の住まいに掲げているので、当時に想いを馳せやすいです。

94B6F136-EFE4-4EA1-89E6-6A9A083FBD7C


通りはそれ程長く無く、自動車であったら3分程で通り抜けられてしまうであろう街並みをかなりの時間かけて堪能します。

41931ED9-E83D-401B-9B74-3BC7E6CC1210


旧東海道の宿場を見学した後は、いよいよ僕の嫌いな坂を登り小夜の夜泣き石方面へと向かいます。

それはまたの機会にお話ししとう存じます。


C8DE3D18-0EF5-4FE7-A763-EF8DC1D396A7










では、又。

↑このページのトップヘ